人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

石川県6(2012年08月31日)

13時56分、金沢発のサンダーバードに乗車。
結局18時過ぎに宿舎に着いた。
その後、明日からの中国行きのおみやげを買った。お酒で、辛口です。

18時30分、勤務開始。
メールのチェックとか、返事を書いた。

いまから再度スーパで買物をして、明日からの中国行きの準備です。
10日に帰国し、11日は2時間ほど出勤し、その後、石川県へ行きます。11は誕生日です。えへへ。
by ura-ta | 2012-08-31 20:11 | 生活 | Comments(0)

石川県5(2012年08月30日)

昼飯は、つばき茶屋。刺身がなくて、でまかせ定食にした。1000円。そしてコーヒー300円。
その後、狼煙の灯台に行った。
さらには、春蘭の里。写真撮影を行った。
by ura-ta | 2012-08-30 20:00 | 生活 | Comments(0)

石川県4(2012年08月29日)

午後からお袋のお見舞い。珍しく眠そうで、話が出来なかった。看護婦の話では異常なしとのこと。一安心。
夕飯はまつだ荘。ワタリ蟹がでた。1人は3500円と安い。珠洲温泉銭湯道の話をした。実行に移すとのこと。どうかな?
by ura-ta | 2012-08-29 23:59 | 生活 | Comments(0)

石川県3(2012年08月28日)

朝から散髪。髪を染めて6000円。気持ちが良い。
昼飯は、つばき茶屋。刺身定食を食べた。1500円。そして、コーヒーは300円と安い。
その後、久しぶりに宝湯へ。420円。珠洲温泉銭湯道の打ち合わせをした。主人は奥能登銭湯道の可能性は大きいとのこと。
by ura-ta | 2012-08-28 23:59 | 生活 | Comments(0)

石川県2(2012年08月27日)

午前中は、のんびりして、午後から中能登町の藤井に行った。
小学校の2年から4年まで過ごした集落。久しぶりに訪問した。たぶん、5-6年ぶりかな。
朝の空腹時血糖は156だった。やれやれ。
by ura-ta | 2012-08-27 23:59 | 生活 | Comments(0)

石川県1(2012年08月26日)

夕方、石川県の実家に着いた。
夕飯は、8番ラーメン。
タイにもある北陸出身のラーメン屋だ。金沢が本社かな?
by ura-ta | 2012-08-26 23:59 | 生活 | Comments(0)

タイの温泉調査(2012年08月22日~26日)

2012年8月22日から26日までの行程で、タイを訪問した。「大阪観光大学(OT∪)とラチャプリュックカレッジ(RC)との研究及び教育上必要とする分野での交流に関する覚書」に基づく共同研究で現地調査に出かけた。場所はチェンマイとした。チェンマイ付近はタイにおける温泉集中地区で、昨年8月にチェンマイ東郊のサンカーンペン温泉を訪問し、調査を実施した。今回は、東郊を除いて、西郊と北郊の温泉を訪問し、調査を実施した。日本側から私を含めて2人、RC側は日本語担当者1人(以下、S嬢)で、通訳とガイドは、昨年もお願いした通称サユリさんにお願いした。サユリさんは、これまでの経験を生かし、調査温泉施設や宿泊先のホテルを選定してくれた。

1.8月21日(火) 関空集合
22時に関空集合。出発は0時30分という未明便で、疲れるが、時間は有効に使える飛行機で、人気は高い。

2.8月22日(水):移動
TG673 関西00:30⇒バンコク04:20
バンコクには順調に着いたが、チェンマイへの乗り継ぎ便には3時間もの時間があって、時間を持て余した。ベンチに座って、時間の経過を待った。
TG102バンコク07:55⇒チェンマイ09:15
チェンマイには、予定通り着いた。サユリさんのお迎えがあった。RCのS孃は不在で、サユリさんの携帯で、電話をしてもらった。空港にはすでに滞在しており、自分が着いたターミナル付近にいた。RC側は2人参加のメールが数日前に届いたが、1人参加になった。予算の節約らしい。
サユリさんは、我々のために、2ヵ月前に新車を購入していた(彼女曰く)。トヨタの車で60万バーツ(以下、B。1B=約2.5円)。頭金は15%で、毎月1万Bの支払いがあるとか。ちなみに6年の月賦らしい。
まずは、ホテル。スーツケースを預けて、出かけた。最初に銀行へ。両替をした。1万円は3,900Bだった。昨年は4,000Bだったのに…。
観光資源調査は、昨年、終わったので、ロングステイ(LS)をテーマとして、11時からチェンマイ市内を回った。日本人のLSは5,000人程度で、他の国の人は1万人程度らしい。日本人がLSをするマンションは1ヵ月で4~6万Bで、意外と高いと思った。LSと言えば、ミヤノイ(日本語では小さな奥さん)を求める日本人男性が多いらしい。
ミヤノイは、1ヵ月で1万Bの手当が必要で、食事などの生活費は別となる。付き合う場合、最初に本人へ10万B、母親に10万Bのお礼をする義務があるらしい。結婚式をあげる場合は、30万Bの支払いが生じ、とても楽園とは思えない。
GREEN HILLというマンションを訪問した。古い建物は10年ほど前に建築し、新館は1年前、現在、別のマンションを建築していた。タイ人の医師が経営しており、日本人は50%占めたが、現在は20%程度とのこと。毎月の支払いは、18,500B、23,500Bの部屋があった。コンビニ、レストラン、プールなどを完備した本格的なマンションである。ちなみに、1軒家の購入となると、300万B~400万Bとのこと。
その後、サンカンペーン温泉へ。まずはONSEN(温泉)。美人女将はバンコクで仕事中とのことで、不在。前回見学出来なかった宿泊施設と源泉を見学した。源泉は沸騰泉で、蒸気が噴出していた。さらには、ルンアルーンへ。ここは入場料が15B。サユリさんが源泉で作った温泉卵を食べた。美味しい。その間、温泉施設(個室のバス)に入浴した。料金は70Bで、1人用だ。硫黄の匂いがした。
昼飯は、大通り沿いのレストラン。偶然にも、サユリさんの妹の主人にあった。食事を終えたばかりらしい。我々は4人で330Bを消費した。食事はRC側が提供し、1人当たり1食200Bの制限があるらしい。
その後、デパートに寄って、タイ専用の携帯を買った。メーカーはタイ製で、本体は690B、電話番号は70B。次回は別の電話番号を購入すれば、使えるとか。書店では、地図を買った。2部で240B。
続いて、PAYAP大学を見学した。キリスト系の大学である。キャンパスが広い。
18時、夕食。日本料理の富士にした。タイでは人気のレストランである。私は155Bの弁当にした。
19時、ホテルCENTARAにチェックイン。1500Bで朝飯付き。2人はナイトバザールに出かけたが、私は、サユリさんの紹介で、マッサージに出かけた。数軒回ったが、休みで、ホテルのビルが入居する地下1階のマーサージ店となった。1時間250Bで、気持ちが良かったので、延長を申し込んだら、夕食の時間ということで、断られた。2時間だと400Bとのこと。

3.8月23日(木):ポンクアウ温泉
チェンマイから西郊45㎞のポンクアウ温泉へ行った。途中から山道に入り、山村の風景を見学した。
9時40分にホテルを出発。車はワゴン車で、専用のドライバーが付いた。車代(ドラーバー込み)は1日2,500Bとのこと。県庁、刑務所を通って、10時17分にラン園に到着。ランの花を見学した。10時30分に出て、12時に山奥の温泉到着。道中、花卉栽培、キノコ、バナナ、とうもろこし、水田などの風景が広がっていた。政府の麻薬撲滅運動で、農業の振興が図られた成果である。さらには、リゾートやゴルフ場などもあった。温泉の位置する村の人口は500人程度、戸数は140戸程度のとのこと。
ポンクアウ温泉は、2000年の開業で、当初はサムーン川に沸く温泉だけだった。当時は、シカやウシが川砂を餌として、食べており、村人は温泉成分の存在を理解したとか。
経営者はバンコク出身(潮州系)で、獣医(公務員)。近くの村に別荘を建設し、別荘生活を楽しんでいた。村人が温泉の存在を申し出て、1997年に買収し、開発を決意したとか。
土地は元水田で、敷地面積は10ライ(1ライ=1,600㎡)で、購入額は50万Bと言われる。
センター(管理棟)、レストラン、キッチン、WCを整備した。外からのお客はキャンプを楽しみ、村人は温泉掛けを行なっていた。
2003年、現在の温泉施設が完成した。大浴場(2ヵ所)、個室浴場(10ヵ所)、露天風呂、マサージルームなど。
2007年には、下流の方で、コテージ4棟を建設し、宿泊の需要に対応した。2008年には、上流部で、キャンプ場を整備し、打たせ湯を付帯した。打たせ湯は現在故障したままとなっている。
2010年からホテル形式の客室を整備し、1階で10室、2階で7室を整備する予定である。1階はすでに完成しているが、2階は建設中である。
利用客はタイ人が大半で、日本人は少ない。週末の利用が目立ち、1泊とか2泊の形態である。12月と1月の冬季はオンシーズンで、キャンプを楽しむ若者が多い。これに対して、オフシーズンは6月と7月の雨季となる。
温泉利用客は、1日当たり、少ない時で5人から10人、多い時で100人。オンシーズンでは温泉入浴で行列が出来ると言う。
年間のおおよその宿泊客数は、ホテル200人、コテージ100人、キャンプ500人(200テント)となる。
利用料金は、温泉150B、テント250B(食事、温泉付)、部屋(ホテル)1,500B(1人。食事無)となる。
経営の方針は、自然を活かすこと、木を切らないことで、電気は夜間のみで、19時から21時30分が点灯時間となる。
スタッフは、マネージャー2人、料理・雑用・掃除など6人(オンシーズンは4人プラス)で、その内、英語を話すスタッフが1人。スタッフの日給は250Bで、毎日が忙しくて、休む暇はないとか。
収容は120人程度で、テントは50(テントの数は30)人。利用客は、温泉入浴の他に、トレッキング、ハイキング、山登りを行うケースもある。
温泉は河川敷から湧いており、大きな孔が3ヵ所、小さな孔も数ヵ所存在する。泉温は40~60℃、4月は70℃に上昇する。
サウナは、村の指導者のもとで行われ、10人以上の予約制で、利用料金は50B/人となる。温泉タオルは100人分/日を用意する。
我々が、滞在中、チェンマイ在住のLSの日本人の方がやってきた。ガイドの案内で、7人の方が入浴を楽しまれた。その他に、タイ人の若者1組(4人)、外国人1組(4人)で、いずれも車を利用していた。LSのAさんの話では、現在、住むアパートは5,000B/月、水道代は100B/月、料理は自炊とのこと。
昼飯は、途中の市場で買ったパンとか果物となった。ドリアンもあって、これは2回目である。
夕飯と朝食は、宿泊代に含まれていた。地元のオバちゃんが作るタイ料理で、美味しかった。
夜は電灯がつかず、充電に困った。結局、19時45分から21時35分まで電気はついたが、デジカメの充電に戸惑った。一時、サユリさんからカメラを借りて、撮影を行った。反省。

4.8月24日(金):ボンデユア温泉
8時起床。少しだけ散歩をした。8時30分から朝飯。
9時40分、出発。途中、ぶどう畑があった。10時45分、セブンイレブンでトイレ休憩。今晩の食事などを買った。
11時30分頃、街の市場に立ち寄った。食事がつかないとかで、サユリさんは、水、そしてパンやお菓子などを購入していた。椰子の実は20Bが18Bとなった。もち米は215Bで、これは実に美味しい。
12時20分、途中のロードサイドのレストラン「Green」で昼飯。ここは2012年1月に開業したばかり。感じの良い店だった。タイ風の焼きそばなどを食べた。4人で280Bを消費した。夕飯としてスパゲテイ65Bを頼んだ。テイクアウトである。
13時40分に出発し、14時20分に、目的地のフェイ ナン ダム国立公園に着いた。入場料は、外国人200Bと高い。タイ人は40Bで、車は30B。ドライバーとガイドは無料となる。
ビジターセンターで聞き取り調査を実施したが、公務員のため、責任逃れで、回答はなし。困ったことになった。
止む無く、温泉施設のスタッフに聞き取り調査を実施した。15年前に、温泉施設を整備。国王の姉が来園し、森林+温泉として、温泉施設が開発された。温泉は、メイテン川の河床から湧いており、これを村人がかぶり湯をしていたのである。スタッフは、ボスを含めて20人程度。宿泊施設はコテージ8棟、テントなど。今夜、泊まる予定が、6棟は改築中、2棟は満館だった。コテージの利用は1棟4人2000Bで、食事はレストランの利用となる。
キャンプ場の利用は30B/人で、テントの貸し出しは350B/3人利用となる。
オンシーズンは、10月~1月までの冬季で、12月がピークとなる。オフは6月と7月。ピーク時は200人程度の利用があるとか。
利用客は、欧米系が多く。特に豪州からが目立つ。タイ人と日本人は少ない。日帰り客が多く、ジャングルツアー、ラフティング、山登りなど行う。宿泊先は、カレン族の村などを利用するとか。
源泉は、メイテン川の河川敷に湧いており、大きな孔2ヵ所、中規模の孔4ヵ所を確認し、小さな孔が無数あった。温泉卵を作って、食べた。温度は、90~100℃とのこと。
温泉施設は、男女別露天風呂、室内風呂、プールなどがあった。いずれも水着着用である。室内風呂では、タイ人のカップルから話を伺った。彼はバンコクで仕事をしており、現在、帰省中とか。温泉が好きで、各地の温泉を巡っているらしい。温泉湧出地で、カナダからの若い女性にあった。カルガリーの出身で、タイ滞在20日の内、15日目とか。チェンマイからレンタルバイクでやってきていた。彼女は、これからプールに入るらしく、我々は時間不足で、退散した。
16時45分に出て、17時46分、フアイ マンダン 国立公園に着いた。今夜の宿泊場所だ。高山の公園で、寒かった。食事はつかないので、夕食はスパゲテイ、朝飯はクロワッサンのパンとか、バナナなどを食べた。雲海が名物の公園らしい。ビジターセンターがあって、ここが宿泊の受付だった。
18時から5人で夕飯。シャワーしか無いので、寒かった。

5.8月25日(土):ドイサケット温泉
ドイサケットは、チェンマイの北郊で、チェンライに至る街道沿いから少し入ったところにあった。山から一端降りて、再度、北へ向かうので、時間がかかった。9時30分に出発し、途中、ロードサイドの店で買物。ココナツを飲んだ。20B。
11時53分頃、チェンマイ大学を通って、12時20分、モン族の村に着いた。ここは30年ぶりだと思う。店が沢山増えていた。南の紛争地から逃げて来たイスラム教徒が食堂を開いていた。トイレは20B、記念撮影は120Bと商売熱心である。
13時10分に村を出て、冬のパレス、寺院でカメラストップを行った。サユリさんの自宅を経由して、14時25分、昼飯。麺類を頂いた。美味しい。麺は1碗20B程度。
食後、3人の王様の像を見学して、14時52分発。途中、スコールに遭いながら、14時42分、ドイサケット温泉に着いた。
ドイサケットでは、代表者の方に取材をした。1人は、温泉で蒸した竹の子の販売。2002年の開業。村人6人で出資し、経営をしている。主にチェンマイ方面で販売をしている。  源泉は原野で湧出し、温泉は池を作り、川となって流れていた。川はメイライ川の源流らしい。付近の河川は小川の状態で、護岸の整備が計画されている。
源泉は2孔。温泉は戦後からあって、詳細はわからないらしい。25万Bの売上があって、利益は8万Bとのこと。残りは村や国へ利用料として支払っているとか。
もう1人は、施設の経営を行なっている。開業動機は、暇な生活、仕事なしの状態から脱却するためで、主婦のパワーが源となっている。主な施設は、売店、温泉施設、マッサージ店などである。村人6人で共同出資をして、経営を行なっている。施設は1998年に開業した。
温泉利用は、1日、少ない時で10人~20人、多い時で100人程度。オンは12月と1月、オフは4月となる。マッサージは20人程度となる。温泉利用の料金は、1人当たり、個室の普通浴室(5室)30B、特別浴室(2室)70Bとなる。
タイ人と日本人の利用が多く、欧米人はチェンライからの帰路に立ち寄るケースが多い。
テントの利用は12月に多い。10から20程度のテントが立ち並ぶ。場所代は50B。最初、利用者はテントの利用から始まり、温泉のかけ湯を楽しんだが、その後、お客の希望で、施設の充実を図り、今日に至っている。
マッサージは120B/1時間で、100Bはマッサージ師、20Bは村の収入となる。温泉は7対3の割合で、7割が担当者の収入となる。
スタッフは20人程度で、女性のスタッフが大半。年商は50万B程度で、やはり半分以上の売上を村や国へ差し出している。
近年、界隈でリゾート開発が計画され、村人は神経をとがらせている。環境破壊に反対し、現状維持を主張している。そんな中で、2011年、温泉開発が行われた。土地は2ライで、経営者は、ピサヌローク出身のタイ人で、開発の途中、本人が死亡し、子息が経営をついでいる。隣に地主が住んでおり、売却額は2000万Bとか。あと、4ライほど土地があるので、買わないかと言われ、一同苦笑した。温泉は地下3mから湧出しているが、地元民からの開発反対があって、開発は留まっている。
その後、16時30分、特別浴室で入浴をした。70B。普通浴室に入浴する予定の夫妻の話を聞いた。チェンマイからのタイ人で、週に1回は夫婦で入浴をするらしい。個室の浴室は、浴室ごとに体裁が異なっていた。バナナを差し出したが、断った。こんな時に、日本からのおみやげを差し上げれば良いと感じた。
17時出発。スコールがやってきた。18時、ロビンソンデパートで夕食。反省会を行った。富士は満員で、YAYOIにした。私が食べた弁当は145Bだった。
19時過ぎに、デパートを出て、空港へ。空港へは10分で着いた。以下、行程である。
TG121 チェンマイ20:50⇒バンコク22:10
TG622 バンコク23:30⇒関西07:00
バンコクから関空までのフライトは、5時間25分。翌日、8月26日(日)、7時50分に関空へランディン。

(未完成)
by ura-ta | 2012-08-26 09:37 | 温泉 | Comments(0)

携帯電話(2012年08月21日)

10時過ぎに勤務。
色々と仕事をした。原稿書きが主体。

13時30分から打ち合わせ。
その後、内容をメールで一斉送信した。
8月末は不在なので、いましかないと思ったからだ。

本日は、携帯が4回もなった。珍しい。
バンコクからと、関空から…。関空からの人は、いまからはピーチで韓国へ出かけるとか。


夕方、温泉調査の打ち合わせ。


朝:バナナ
昼:おにぎり、バナナ
夜:和食(日根野食堂)

22時過ぎに関空へ行きます。
しばらくおさらばです。

研究室にて記す。
by ura-ta | 2012-08-21 19:39 | 生活 | Comments(0)

やった!免許更新(2012年08月20日)

午前中は泉佐野警察へ。免許更新をした。視力検査は、やっとパスしたみたい。皮肉を言われなかったので、無事パスしたのかな。3年前は一言言われたが…。これで5年間車が乗れることになった。幸せ!
この春から気になって、目医者に通っていたが、どうも運転用のメガネが合わないと思う。
まあ、今度は、5年後なので、少しはのんびりしたい。
11時10分から講習開始の待ち時間を利用して、南海の泉佐野駅前にある泉佐野市観光協会の案内所へ行った。ボランテアガイドの方が2人いて、少しだけ話しをした。「温泉のセンセ」と言われた。

午後から出勤して、本の原稿を書いた。探してみると、1980年代に書いたレポートなどが色々と出てきた。スキャナーでワードに取り込む作業を黙々としているが、意外とメンドーだ。これは誰かにいしてもらいたい作業だ。

18時から打ち合わせ。明日も、その延長となる。

朝:パン
昼:おにぎり
夜:Aセット850円中国亭

明日は、18時まで勤務し、その後、関西空港で22時集合となる。
26日まで日本不在です。よろしく!
by ura-ta | 2012-08-20 20:38 | 生活 | Comments(0)

徹夜(2012年08月19日)

昨夜は朝の04時まで起きていた。色々と作業をした。主にPCによる原稿作り。
どうせ、寝て曜日ということで、夜長をした。

おかげで、12時起床。
テレビを見たり、洗濯とか、海外に行く準備などをした。
他は、昨夜の続き。

少しだけ外出して、100円ショップへ。箒を買った。掃除機は払い下げたので、これからは箒で清掃をしたい。

それにしても、この部屋はガラクタが多い。

そうそう、校正を仕上げた。「観光地理学」の改訂版だ。従来の東京とパリのほかに、広島とソウルを付け足し、写真などを新しくしたので、再校とはいえ、真面目に校正をした。
面倒なので、早めに仕上げて、送り返しいた。

明日は、警察へ行って免許の更新だ。視力が心配です。
その後、職場で、お仕事になります。
by ura-ta | 2012-08-19 19:53 | 生活 | Comments(0)