人気ブログランキング |

<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

交通事故(2006年11月30日)

13時、正確には12時58分、交通事故。新別府の交差点で、赤信号待ちをして、青になったので、アクセルをふんだところ、左側から軽が30キロ程度のスピードで、突入してきた。したがって、相手の右手のドアに衝突した次第。相手は主婦(50歳位)で、10分後に旦那が駆けつけてくれた。警察も呼んだらしい。こっちは、車検を頼んでいる整備会社の社長にお出ましを願った。相手は全面的な非を認めたが、その後、旦那からの電話では、相手の保険会社が1対9程度の割合で、こっちの支払いも要求しているとか。そこで、こっちの保険屋を紹介して、今度は、保険屋同士が交渉するらしい。こっちの被害はライト少々、フロントのボデーの凹み少々で、大したことは無いが、しかし、このまま運転していると恥ずかしいかも。12月4日に帰阪するので、それまでは乗り続け、その後、修理をお願いすることになった。困った時の「アシスト宮本」である。

本日は、9時に起床。頭痛がして、なかなか起きられず、10時に床を離れることに…。10時40分には病院に着いた。血糖値の検査だ。
体重76.5キロ
血圧120-75
ヘモグロビン8.8
血糖値125
ヘモグロビンは10月8.4だったので、11月の8.8は過去最高かも…。
血糖値は10月210で、11月は125…。しかし、これは適当らしい。他の数値はまったく異常がないので、要は汗不足とのこと。反省。

昼飯は一文字うどんで食べた。キムチと豚肉の入ったうどんで、880円。その後、どこかの風呂に行こうと思って、車でふらふらし、鉄輪のたにもとへ行こうと思って、事故に遭遇。1時間ほど現場にいたので、風呂は断念。

14時30分、アホロートルへ行った。コーヒーは400円。35代目名人から色々とご教示を願った。

16時30分、久しぶりの温泉行きとなって、テルマスへ行ったところ、木曜日は休業だった。そこで、湯都ピア浜脇へ。ここは500円。ジャグジー、打たせ湯、寝湯、サウナ、歩行湯などを体験した。聞くところによると、歩行湯は浜脇源泉だったが、2年前にスケールが管について、現在、未利用とのこと。したがって、現在の泉源はすべて堀田方面の泉源とのこと。なるほど。こうなると、温泉分析書の表示も変えないといけない。

18時過ぎ、また一文字うどんへ。夕飯は主人手作りのチャーハンとスープだった。事故の慰めということで、「ロハ」にすると主張したが、一応500円置いた。

20時、また温泉へ行くことにした。色々考えたが、23時まで入浴が可能なホテル大石にした。例のトンネルを抜けて温泉に行くところだ。このトンネルは人手を軽減するために、現在の会長が掘ったものである。途中、山口県からの婦人4人と出会ったが、4人とも砂湯へ行きたいとのこと。意外と砂湯が人気だった。本日は、これで2ヵ所の入湯となった。

明日は、相手次第で、予定が未定。たぶん午後からお出かけ。午前は散髪とか、マッサージをする予定。本日は早く寝ないと、身体が持たない。
by ura-ta | 2006-11-30 22:02 | 生活 | Comments(0)

学会(2006年11月29日)

日本温泉地域学会に出席した。場所は、霧島温泉郷の霧島国際ホテル。

11月27日(月):13時、地元の主催者が手配した団体バスに乗って鹿児島空港を出て、霧島市界隈を見学した。焼酎工場とか、JRかれいがわ駅とか…。そして、妙見ホテル…。時間の関係で、えびの高原とか、新湯には行けず…。空港には、何と足湯が…。
夜は18時30分からパーテイ。新入会員に別府の斉藤名人が…。驚きました。斉藤名人は、今後、この学会で発表をされるとか。心強い限りである。「別府大学に温泉学科を!」これが彼の提案だった。なるほど…。観光学科ではなく、温泉学科か、うーん、彼らしい。別府大学には、源泉が3本もあるので、実現は可能かも。「温泉観光学科」が妥当な線かな。学生定員は50人。

11月28日(火):10時から15時まで学会タイム。2本の発表で座長をした。座長は辛い。発表をキチンと聴かないと行けないので…。学会が終ってから、妙見温泉へ。「味の宿どさんこ」にB&Bをお願いした。夕食は、空港の近くで、蕎麦定食を食べた。880円。
妙見温泉では、16時から18時まで散歩をした。散歩の途中、高品位旅館である「石原荘」へ飛び込んでしまった。社長が在館しており、何と館内の案内もして頂いた。ついでに旅館取材も…。「ひでき、感激!」(古い)。圧巻は川の傍の露天風呂。昔に近い形態で、再現されたとか。取材後、図々しくも、内湯を頂いた。時間の関係で、露天風呂をパスしてしまった。いまから考えると惜しいかな。源泉は3本使用中とか。

11月29日(水):7時30分起床。眠い。この3日間は睡眠不足。いずれもお喋り。27日は未明の3時まで話し込んだ。この学会の開催地は、2007年の春が蔵王、秋が長野県の山田温泉らしい。また楽しみが増えたぞ…。
8時から朝食。花咲ガニの汁が美味しい。B&Bは会員価格で5000円。感謝感激…。
9時から観光がスタート。黒酢工場、日本一長い足湯(道の駅)、桜島ふるさと温泉などを見学。こっちは鹿児島で一行と別れて、鹿児島中央駅から新幹線そして特急で別府へ。時間は4時間ほど、予想よりも近かったが、運賃などは1万円もした。高い。ツアーは、知覧、指宿まで行くとのことだったが、またの機会にした。

今回の旅で、鹿児島の温泉も面白いことに気がついた。また機会があれば、行きたいと思った。鹿児島行きは、考えたら生涯で2度目だった。1度目は20年前かな。2泊3日で、1泊目は指宿、2泊目は都井岬だった。都井岬ではバスガイドが歌った都井岬旅情に1人感激。この歌は、いまではカラオケで歌えます。でも、暗い歌だね。
今度の鹿児島行きは、別府から車で行って見たい。
別府には17時30分に着いた。熊本からの九州横断特急は何と2両だった。しかもガラガラ。よく眠れました。

夕飯は一文字うどん。牛飯と海老天うどんを食べた。790円。
その後、芝居の湯(観光協会の湯)に入湯。260円。現在、8順目スパポートが行方不明だ。家捜しをしないと、分からない。まあ、紙にスタンプを頂いた。
硫黄の匂いがした。石鹸とシャンプー&リンスもあった。これで何湯目かな。先回は、城島後楽園ホテルに入ったことは記憶しているが…。
さあ、明日は朝から通院だ。血糖値の検査。どうせ最悪でしょ。
by ura-ta | 2006-11-29 23:11 | 温泉 | Comments(4)

身体、不好(2006年11月26日)

土曜日から、身体、不好(体調不良)です。体調不良の中で、バイキング…。結局、昨夜は何も食べないで寝ました。

本日は、11時起床の予定が、10時30分、恩師の服部先生から電話を頂いた。85歳とか。7月3日生まれであることは、記憶しています。ハイ。色々とお話をしたが、弟子の方から電話しなければいけないと、痛感した次第。先生とは3月にお会いしただけで、その後は、連絡もしていなかった。反省。
以前は、正月のご挨拶と言うことで、毎年のように上野桜木の研究室へお邪魔したが、数年前に閉鎖されたので、ご無沙汰となっている。現在、アーバンアメニティ研究室は、浅草の竜泉の自宅にあるが、すっかり遠のいてしまった。

本日は、12時から温泉ツアーに出かけた。相棒はA達センセ。一杯飲んでいるらしく、絶(舌)好調だった。体調不良のため、いつもの寿司は7皿だけだった。普段は10皿食べるのに…。「7皿も食べたって…。病人とはいえないぞ」(陰の声)。
いつもの「み奈美亭」は、お客が多かった。会食のお客らしい。
したがって、16時30分に帰宅。

そうそう、昨日は、湯遍路日記「奥津温泉」を書いた。「のうりん」という雑誌に連載しているが、残念ながら、今回が最終回となるらしい。5年間で色んな温泉地を取り上げたが、編集者の気遣いで、日本全国の北の温泉地、真ん中の温泉地、南の温泉地が取材先となった。さすが農協系で、原稿料の高いのが、励ましとなった、長い間、ありがとうございました。

あとは、湯遍路旅日記を書かないと…。これは「温泉」での不定期連載で、怠慢で、「北京・小湯山」のレポートだけである。次は「ラバウル温泉」だが、執筆の予定は未定のままだ。

さあ、TVでも観ながら寝ます。
そうそう、明日から日本温泉地域学会で、霧島温泉郷に行きます。帰路は、別府経由となります。11時30分のフライトなので、9時頃に出ないといけない。その準備もあったな。
夕飯は、おにぎり一個とタブーのチョコにします。
by ura-ta | 2006-11-26 17:38 | 生活 | Comments(0)

お疲れ(2006年11月25日)

憂国忌なのに、気合がたりず、不調。考えたら、働きづくめだった。眠いし、だるいし、最近では久しぶり…。

資格審査関係の書類を作成したり、していれば、それはだるくなります。まったく。まだ未完成だ。論文ごとにコメントを200文字書けとは、一体なんだ。論文の数が多すぎて、大変なことになった。こうなると、論文は間引きかな。紀要は避けて、学会関係だけにしよう。

昼食は、関空ワシントンホテルへ行った。食べ放題は1600円。10%の割引券があったので、2人で2880円となった。ソフトドリンクは別だが、HPからだと1杯無料サービスがある。ああ、食べすぎだ。したがって、夕食は抜き。


20時30分まで勤務して、帰宅。帰宅後、私の北京物語の写真を探した。現在、120枚ほどリストアップしたが、あと1/4が残されている感じだ。

本文も書き直しとなろう。

さあ、寝ます。明日は、いつもの温泉ツアーになります。

そうそう今日は誕生日だね。ANAホテルの写真をアップします。
f0026897_2246417.jpg

by ura-ta | 2006-11-25 22:46 | 生活 | Comments(6)

私の北京物語(2006年11月24日)

本日は09時に起床。でも、眠くて、寝覚が悪かった。11時から1時間ほど、卒論&進路指導(院への進学)をした。

午後からは二股の通院。痛め止めの薬をかなりいただいた。リハビリは痛いよ。

17時30分から職場復帰。外はもう真っ暗だ。20時まで仕事をした。何をしたか、忘れたが、たぶんシラバスを書いたのかな。

20時から車で帰宅。二丁目食堂で夕飯を食べた。

20時30分から「私の北京物語」を書いた。だいたい書き上げたが、読み返さないといけない。本文は11月末完成の予定。中身は例年と同じだが、これは仕方が無いと思う。アーバンステイとか、リゾートステイは決まりきったことしかしないのだから…。本当にいい訳に過ぎないが、北京での行動は、散髪、按摩、本やCDの買物、印鑑作り程度…。そうそう北京ダックとスッポンもあった。

その後、北京の写真をリストアップ、やっと1/3を探しだした。これは意外に時間がかかる。少なくとも日曜日にはリストアップをしないと…。

明日は、12月の講座のレジメ書き、そして最後の湯遍路日記の原稿を書かないと…。場所は奥津温泉のつもり。

昼はランチミーティングの予定。さあ、寝ないと、朝がキツイ。
by ura-ta | 2006-11-25 01:34 | | Comments(2)

スパーワールド(2006年11月23日)

本日は11時に起床。12時過ぎの電車で、A達センセと一緒に大阪へ出かけた。まず吉野で昼飯。寿司定食は700円、これで2回目だ。時間は10分。その後、画材屋を経由して、ヨドバシへ。
ヨドバシでは、フラッシュメモリー(512)を15個買った。ちょうどセール中で、1つ目は2480円、2つ目から500円引きとなって、合計は30200円。これはゼミ費用からの支出で、卒論やレポート提出用となる。なお、ゼミ費用の使い方だが、他のゼミは飲食が多いが、URAゼミは主に勉強に使用するようにしている。その後、1階でコーヒーを飲んだ。一杯は263円。

スパーワールドの集合は15時。会食込みで8000円。飲料はプラスで1050円の分にした。ビール、ウーロン茶、ジュースが飲み放題となる。メインはシャブシャブ。やたらと野菜が多かった。好き者5人が参加した。
15時から17時まで温泉浴を楽しんだが、お気に入りは塩サウナ。19時から再度温泉浴を楽しんで、20時30分に帰宅。宿舎には21時30分頃着いた。帰りは何と小雨。出かけると、今年は本当に雨が多い。まったく…。そんな訳で、少し頭痛。

帰宅後は、「私の北京物語」を書いた。最後のところで、パソコンがバクッてしまった。幸い一部が消えただけで、修復できたが、文章はたえず保存しないといけない。

明日は、11時から卒論指導、午後からは通院(主治医の臨検)、そしてリハビリとなる。連休の谷間だが、意外と忙しい。
原稿書きもあるし、校正もあるし…。

さあ、寝ます。
by ura-ta | 2006-11-23 23:26 | 温泉 | Comments(2)

いい夫婦の日(2006年11月22日)

本日は、いい夫婦の日、と思ったら、もう23日だ。勤労感謝の日。そんな訳で、23日はスパワールドで、静養だ。一応、温泉愛好会のメンバーが主体で、4人ほど参加する予定。会費が1万円では、これはちときついかも。

22日は会議三昧だった。
13時観光研究会
14時図書館委員会(他の会議とバッティング)
16時くだらないガス抜き会議
17時30分例の会議
18時情報交換

午前中の観光学概論のこと。またはじまりました。「私、何回、欠席をしていますか。試験は受けれますか」。答え:「こっちは、アナタの秘書ではないです。自分で考えてください」。まったく腹が立ちます。

20時、徒歩で帰宅。そう、二丁目食堂を経由しました。
22時から「私の北京物語」の執筆開始。本文は2/3ほど完成。まだまだ。読み直し、写真探しなど。頑張ります。

そうそう、奥津温泉の原稿を書かないと…。それから「温泉地の歴史と文化」のレジメもあったし…。本業では、シラバスも完成させないと…。

観光研究会では、当面の間の役員を一応、決めた。会長、副会長、書記は継続。会計はスカウトして、3回生に無理をお願いした。わが研究会の留学生の一部は、きついことを言えば、甘い汁しかすわない。北京語では、「酒肉朋友」の言葉がピッタリかも…。
来年度の文化祭における仕事の件を話すと、先のことは分からないとほざく。幽霊部員でもよければ、どうぞ。そうなったら、誰かの研究室は勝手に使用は出来ません。調子の良いヤツとは、もう付き合いたくない、と言うのが本心です。(怒り)

ああ、また愚痴になった(苦笑)。反省。23日は、スパーワールドで、嫌なことは綺麗に流してきます。ね…。でも…。
by ura-ta | 2006-11-23 01:11 | 生活 | Comments(2)

繰り返し(2006年11月21日)

午前中の講義は、相変わらず欠席や遅刻が多い。遅刻しても、当然というカオで教室に入る態度が許せない。いつも常連だから、これはなめられているな。

午後のゼミは、3回生、4回生とも発表者1人がそれぞれ無断欠席。まったく…。3回生は、これまでまともと思われた留学生が欠席。あきれてモノが言えない。もう1人は、一生懸命になって北京の発表をしたが、北京の地名の日本語読みが出来なかった。これは新発見…。今後の指導の参考にしたい。ところで、留学生は「山陰」が読めない。「やまかげ」と読む…。
4回生の欠席者は確信犯で、3回生時から、一度も発表した経験がない。これで単位をもらえるなんて…。まあ、そうは言っても、8人中、長欠の1人を除いて、卒論は、何とかさまになってきた。12月中頃には、7人全員が完成する予定。3回生からサボりぐせをつけると、先が思いやられる。

昼休みは、一人の男子学生を観光研究会にスカウトをした。条件は卒論指導。3回生とはいえ、会計の仕事を頼む予定だ。これまで、一切、スカウトをした経験は無いが、「酒肉朋友」ばかりでは、肝心の時にサボるので、やはり新戦力を導入しないといけない。他は、新ゼミの学生をアタックする予定だ。

パリツアーは、先週で締め切りが終わった訳だが、本日2人の正式申込みがあって、現在、男子6人、女子3人となった。目標まであと1人。やはり言う(湯)だけの学生がいた。行かないなら、行かないと、きちんと説明にくるのが礼儀だと思うが…。

夕方から採用に関する資格審査の書類を作成した。これはかなり面倒な書類で、意外と大変かな。

19時50分、徒歩で帰宅。途中、二丁目食堂で夕食を食べた。

明日は、講義そして観光研究会、その後、会議が4つ。ちゃんと出来るのかな。

先ほど、城崎の旅館原稿を添付で送付した。いまから、北京の原稿書きだ。少しでも書かないと、先に進まない。
by ura-ta | 2006-11-21 23:04 | 生活 | Comments(0)

雨の城崎(2006年11月20日)

昨日は、大阪のANAホテルに宿泊。11月17日の夜にネットで予約した。シングルは9000円と安い。変なビジネスホテルより安いので、利用価値は高いかな。夕食は、ホテル1階で、バイキングを食べた。バイキングの場所は2階。これで2回目かな。暇そうな卒業生を呼び出して、「チーパオラー」となった。90分一本勝負で、1人は3000円。ソフトドリンク付。酒類は1000円プラスで飲み放題。寿司とか、肉とか、カレーとか、おでんとか、ラーメンとか、色々とあった。夜の3000円は安いと思う。

23時頃、うとうとしていると、わが二男から電話。彼からの電話は初体験だ。スカイパーフェクトの解約の件だった。一人前になった感じだ。

関係ないが、19日朝の電話はひどかった。せびりだ。灯油代がかかるので、余分に寄こせとか。一体、何を考えているんだ。冬は灯油代を含めた生活設計をすると思うのだが…。いくつになっても…。

本日は08時に起床。08時30分にチェックアウト。小雨の中、大阪駅まで歩いた。15分程度か。人が歩いてくる方向へ進んだら、駅にきちんとついた。

日根野と城崎温泉間の交通費(往復)は、特急指定の利用で、1万円ちょっと、と意外と高い。城崎には12時頃着いて、15時30分頃の電車で帰阪したが、滞在時間が3時間30分程度では何も出来ない。昼食は、Gクンところのしののめ荘で、ゴチ。たかってしまった。ご免なさい。

13時過ぎから旅館取材。帰阪後、21時から書きはじめて、先ほど原稿が完成し、早速、取材旅館へ添付で送付した。出版社への締め切りは本日だったが、25日まで伸ばしてもらった。当然でしょ。たまには遅れてOK。

取材が終わった15時頃から観光協会前で足湯・手湯を経験。手湯が熱くて気持ち良かった。足湯は温くてダメ。

本日の城崎行きもやはり雨。今年は、特に春先以降に出かけると雨だ。雨に感謝。しかし、雨が降ると、写真が撮れないのが、悲しい。城崎は、浴衣姿の女性客が多い。本当に似合うと思う。

そうそう、昨日は、ヨドバシカメラで、機器を買った。プリンタをつなぐヤツだ。一応、説明を受けたので、何とかなるかな。

明日は、講義&演習日。演習はいずれも発表だが、4回生の発表者がくるかどうか、心配。今年の卒論は、最後のツメが甘いかな。まあ、ほぼ書き直して完成させたので、あとは目次や要約だけだと思う。これくらい、自分で作りなさい。ゼミによっては、ワードが打てない連中もいるとか…。一体どうなっているんだ。

そうそう、月刊観光から添付で校正が届いていた。27日が締め切りとか。テーマは「欧米の都市観光」、内容はまあまあかな。

さあ、寝よう。明日は早い。
by ura-ta | 2006-11-20 23:26 | 温泉 | Comments(4)

親父のこと(2006年11月18日)

昨夜、URA浮世舟を書いてから、喪中の挨拶状の原案と住所録を完成させた。

喪中の挨拶では、親父の主な略歴を入れることにした。まあ、前例は無いと思うが、好きにさせて欲しい。
大正12年2月生まれの親父は、昭和13年に七尾市のイソライト工場に勤務したが、18年12月に応召のため退社し、19年1月には金沢東部第52部隊へ入隊、20年9月に召集解除となった。20年10月1日石川県警察官を拝命し、以後、昭和55年4月1日まで勤め上げた。退職後は、確か昭和56年(58歳の頃)に大手術を経験したが、その入院態度が良好ということで、珠洲医師会の事務長になった次第だ。その後、10年ほど事務長をしたが、退職後は無職となって、悠々自適の生活と思ったが、お袋が8年前に脳梗塞に倒れて以来、お袋の介護人生になってしまった。
警察官としては出世もしないで、最後は警部補だった。地域密着型の警官で、地元の人の交通違反に対しては、注意だけだったとか。しかし、県外者の交通違反に対しては厳しく接したと言う(これは近親者からの話)。

住所録は、エクセルに入れて整理しているのだが、そろそろラベル印刷をしないと…。うーん。

本日は午前中が入試業務。昼からは卒論を書いた。今回は大阪市住之江区。これもダメ。提案の部分だが、あまりにもスケールが小さい。先輩が書いた駐車場の整備なんて、いらない。もっと大きく、世界観光情報センターとか、こじんまり大阪グルメの館なんかを提案して欲しいものだ。まったく。この2年間の成果がこれでは…。

と言っても、見直し作業は例年より3週間は早いかな。例年の場合は、あまりこっちの世話にならないで、独力で完成させた者が多かったと思う。過去では4回生の6月に完成させたつわものもいたので…。昨年は1人を除いて12月中ごろには、完成していた。

本年は、大津市が問題だ。発表経験がないので、これは困りモノ。いくら指導者と言っても、データが無ければ、何もかけないぞ…。

15時から「私の北京物語」を書き始めた。一応、11月26日の完成を目指しているが、無理かな。

夕方、雨となったので、徒歩はあきらめて、車で帰宅。途中、中華に寄った。マーボーナスとか、カレーチャーハンなどを食べて、二人で2050円だった。

さあ、いまから「私の北京物語」を書かないと…。そして、談論風発「温泉疑惑と観光立国宣言」の校正だ。斜め読みをしたが、間違いは無かったみたい。

外は小雨…。生卵を飲んで、力をつけないと…。明日は入試、そして午後からは大阪に出て、お泊り保育となる、。したがって、浮世舟はなしかも…。明後日は、朝から日帰りで、温泉旅館取材のため城崎行きとなる。
by ura-ta | 2006-11-18 22:52 | 人生 | Comments(2)