人気ブログランキング |

<   2006年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

原稿書き直し(2006年02月28日)

本日は、10時30分から来客で、結局はランチミーティングとなって、13時30分まで話し込んだ。先方の用件は「新カリキュラムについて」だったが、校名変更のいきさつ、人事など幅広い話となった。現在、観光はコースだが、受験生が多いので、学科に格上げする予定とか。本当にうらやましい限りだ。

新学科の立ち上げに対して、URAの考えでは、人事(教員採用)が大変だと思う。きちんとした仕事内容を説明しないと、採用後は、ちゃんと仕事をしないからだ。例えば、校務だが、具体的に何があるのか、明確にすべきだ。入試がらみの高校訪問、留学生対策などは、本務と見なさない教員も多いので、話がややこしくなると思う。

ところで、原稿が書き直しとなった。同じような場所は、まずいとのこと。ちなみに、先回は「ニューカレドニア」、今回は「フィジー」だ。リゾートの話が二度続くとまずいと言うことらしい。

編集者を通した依頼主の言い分は、
●観光客があまり踏み入れることのない国
●観光地なら穴場の場所や食べ物の情報
●日本との比較(風習、衣食住環境の違いなど)
●できれば、掲載地が重ならないようにしたい

こんな条件となると、原稿料1万円では書けないな。(苦笑)
取材旅行もあるし、まず、最新情報が分からない。
新しい締め切りは、3月10日とのこと。10日と言えば、北京への旅行中だ。そうなると、バンコクへは3月5日の未明に行くので、執筆の時間はまったく無い。

したがって、本日は、14時30分からは集中して原稿書きとなった。結局、テーマは「コスタデルソルの白い村・念願のカサーレスに立つ」(原稿用紙4・5枚分)。
カサーレスは、色んな理由があって、タクシーで訪れた思い出の地だ。地名の由来は、何かで読んだところ、ローマ時代にカエサルが訪問して温泉に入ったので、カエサル→カサーレスとからしい。ガセネタかもしれないので、一応の話だ。カサーレスには、本当に温泉があったかどうか、知らない。

さあ、そんな訳で、予定した仕事が出来なかった。しかし、卒論CDの編集は少しだけ行った。明日は、卒業判定会議だ。学生の立場では、運命の日となる。

やはり水曜日なので、午後は13時から会議付だ。
関係ないが、明日は一日雨らしい。
by ura-ta | 2006-02-28 20:43 | 生活 | Comments(0)

バンコク行き・再び(2006年02月27日)

本日、JTBからメールが届いて、バンコク行きの正確な料金が分かった。
具体的には、
旅行代金           44,800円
取扱手数料          2,100円
関西空港施設使用料    2,650円
燃油サーチャージ       6,100円
1人部屋追加代金     8,000円
              計 63,650円
機中1泊、現地(ホテル)2泊で、ホテルは、「サイアム シテイ ホテル」だ。
旅程的には、3月4日(土)~3月7日(火)。
2日目が市内観光付き、昼食付きで、3日目がフリー、したがって、夕食は付かない。

5人参加なので、5,000円引きとなり、一応、5,000円は儲けた訳だ。

ところで、URAの車・ワゴンアールが車検だった。請求書は8万9,479円、その内訳は、整備料3万2,990円(技術料2万3,000円、部品9,900円)、立替金5万4,840円、消費税1,649円。
ついでにタイヤも交換した。4本で2万2,000円、一応、メーカ品らしい。某ガソリンスタンドでは、1万8,000円と言われたが、それはメーカー品ではないという助言を受けて、即決した。

そんな訳で、午前中は車検工場、お昼はランチミーティングで、14時から仕事となった。
その際、原稿を完成させた。旅のエチュード「癒しの楽園・フィジー体験」で、4・5枚(1枚=400文字)。夕方、先方へ添付メールで送付した。
あとは、卒論CDの編集(締め切り3月16日)と大和屋別荘の原稿(締め切り3月20日頃)が残されているだけだ。

3月4日からは、旅三昧なので、それまでに何とかしたいが、予定は未定で、無理かな。

そうだ。北京・小湯山温泉の原稿がまだだった。明日には、きちんと完成させて、CDに焼き付けて送付しなくては…。

水曜日は会議日なので、明日にある程度結論を出さねばいけないかな。
by ura-ta | 2006-02-27 21:22 | 生活 | Comments(0)

結婚式(2006年02月26日)

2月25日から1泊2日の行程で松山に行ってきた。姪の結婚式参列のためだ。25日は、関空を9時5分のフライトで出発し、松山空港では、朝食を食べて、ラウンジで暇つぶしをした。11時10分のバスで道後温泉へ向かったが、バス代は450円と安い。11時50分頃、道後温泉に着いたので、観光案内所、足湯、ハイカラ通り、道後温泉本館、椿の湯などの写真をとった。観光案内所横の足湯は沢山の人が浸かっており、人気があった。各旅館でも、例えば、大和屋本館、山の手ホテルでは、玄関先で足湯を整備していた。タオル付きだからありがたい。太っ腹だ…。その後、椿の湯近くの食堂で、中華ソバ(480円かな)を食べた。味は今一歩だった。

13時から14時過ぎまで、大和屋別荘の取材をした。この旅館は、道後を代表する高級和風の料理旅館で、今回は若女将の話を伺った。いずれは記事にする予定だ。人気は、露天風呂付き客室とか。

その後は、椿の湯に入った。330円。銭湯のような感じの温泉だ。コインロッカーが10円と安い。温泉分析表をみると、家庭浴槽で、温泉の素を入れたことにすると(URA命名:温泉素指数かな)、2袋程度のお湯だった。アルカリ性単純温泉で、すべすべしているが、温泉が濃いという感じの泉質ではない。道後温泉本館は、混んでいたので、今回は遠慮した。

15時過ぎ、山の手ホテルにチェックイン。大浴場に入りながら18時までのんびりした。夕食は、電車に乗って松山市駅へ行き、伊予鉄高島屋で食べた。総勢は10人。1575円の釜飯がゴチだった。

夜は、21時過ぎから別府大学時代の教え子と会って、お茶をした。車で道後温泉の裏通りを通ったところ、ネオンチカチカだった。殿方の遊ぶ場所だ。

ところで、現在の旅館数は35軒程度らしい。ピーク時は80軒を数えたが、その停滞ぶりを示している。

26日は、長年連れ添った同室のヒトが、朝早くから起きて、朝食・風呂とうるさかった。当方は、8時30分に起きて、朝食と風呂を楽しんだ。

結婚式は教会で11時から30分間。12時からは、レストランで披露宴があった。席上、新婦が両親のような家庭をきずきたいと述べたが、我が家の場合、長男も長女もそんな発言はなかった。要は真似をしたくないのだと思う。(自嘲)

夫婦円満の秘訣は、「余分なことはあまり喋らない方が良い」ことだと思う。余分なことを言い過ぎると、20年すぎても、あの時はこうだった、と言われるので、それが意外と辛い。しゃべった本人は忘れているが、聞いた方は、しっかりと覚えているからだ。

15時前に披露宴は終了し、タクシーで松山空港へ。タクシー代は3190円だった。関空行きのフライトは16時25分で、18時前には泉佐野市の宿舎に着いた。

さあ、TVでもみて、寝ようかな。その前に、メシか。面倒だから、カップ麺にするか。
by ura-ta | 2006-02-26 19:07 | 生活 | Comments(0)

旅のエチュード(2006年02月24日)

本日は、午後から「旅のエチュード」の原稿を書き上げた。3月上旬の締め切りだが、2月末には添付で送付する予定だ。テーマは「癒しの楽園・フィジー体験」で、4.5枚だ(1枚=400文字)。10数年前に行った旅行を思い出しての執筆なので、意外と大変だった。あとは、読み返しを行い、添付で先方へ送付する予定だ。

午前中は、ひたすら校正を行った。『観光学入門』の初稿、総合観光学会の「別府温泉の観光地域づくり―地域住民の活動を中心として―」の自己校正だ。別府の論文は、面倒なので、先ほどメール便で送付した。某温泉協会の原稿は完成したので、週明けには、先方へ送付できると思う。

ところで、JTBより3月8日発北京行きの請求書明細が送られてきた。総計は8万9560円。これは高い。内訳は以下の通り。クーポン(旅費+1人部屋料金)8万3000円、海外空港使用料、燃油サーチャージ料金3910円、関空施設使用料2650円。

この燃料サーチャージ料金がよく分からない。最初から旅費に含めてもらいたいものだ。パンフの金額は、燃料サーチャージ料金を除いており、一種のだましのような気がする。

空港使用料もそうだ。確か旅費に含まれたと記憶しているが、何か今ひとつ分からないシステムだ。この件は、いずれ別のHPで言及したいと思う。

燃料サーチャージ料金は、原油高の長期化が影響しており、消費者への価格転嫁となっている訳だ。

さあ、明日は、姪の結婚式で、松山だ。このブログは、開設以来、毎日のように書いてきたが、当日はパソコンを持参しないので、初めてのブログ休みの様な気がしてきた。

ちなみに、URAだが、中学2年の夏休み(13歳)から23歳までほぼ毎日、日記を書いていた。中2の担任が、夏休みの宿題として日記を課したからで、それで引きずってしまった。23歳で日記をやめた理由は、修士課程に入学して、勉強が忙しくなってきたからだ。これは実話である。ついでに、漫画もやめた。中1から23歳まで、少年サンデー、マガジン、キングという週刊誌を毎号買っていたが、同時に止めてしまった。

いまから考えれば、URAの漫画好きは本物だった。「巨人の星」の別冊は、いまでも東京の家で保管していたと思うが、自分で管理していないので、捨てられた可能性が大きい。
by ura-ta | 2006-02-24 21:32 | 生活 | Comments(0)

ゼミ旅行(2006年02月23日)

悲願の(おおげさかな)ゼミ旅行(バンコク)が確定した。1期生で提案して、3期生にして初めてのことだ。確定後、1月最後の観光学概論で話たところ、4人の留学生が、「行きたい」と手を挙げたが、結局、4人はキャンセルだった。その理由だが、2人はパスポートの残存期間6ヶ月がわざわいして、残念ながらキャンセルとなった。しかし、他の2人は友達が行かないので、キャンセルとのこと。留学生の場合、VISAが必要で、実費は3000円、JTBの手数料は、4200円と高い。また、英文の在学証明書が必要となる。

URAは、結局5万5650円の支払いだった。1人部屋料金がプラスとなっている。
参加者は、全体で5人だが、先回、APUの学生と行った時は、2人だったので、2.5倍の人数だ。(自嘲)

日程は、下記の通り。
3/4(土)22:00集合
3/5(日)関空発01:25(TG673)、バンコク着05:50、市内観光。
 暁の寺、エメラルド寺院、王宮など
3/6(月)自由行動
3/7(火)バンコク発13:00(TG626)、関空着20:10、解散。

URAの今回のバンコク行きの目的の1つは、暁の寺に行って、盗んだ瓦を返すことだ。20年ほど前に、暁の寺から瓦を盗んで、お土産としたが、滞在中に、VISAカードを盗られて、200万円ほど使われた苦い経験があるからだ。使われた場所が、シンガポールで、500円で入っていた盗難保険で何とかなったが、いまから考えれば、大変な経験だった。
その後、何度となく、バンコクへ出掛けたが、その際、ホテルからトイレットペーパーなどを盗んで仕返しをした。
こんな話を友人にしたところ、「それはお前が悪い」と諭された。「お寺のものは、盗んではいけない。返しなさい」と…。

そんな訳で、久しぶりの暁の寺行きなので、盗った場所に返したいと思う。盗った場所は、瓦のふき替えをしていたところで、そこでは瓦が沢山積まれていた。したがって、1枚ぐらいは良いかな、という出来心である。何の建物か忘れたが、現地に行けば、分かるので、付近に瓦を置きたいと思っている。それとも、ガイドに話をして、善後策を検討しても良いかな、とも思う。

もう1つの目的は、燕の巣を飲むためだ。一度、経験があるので、学生達に飲ませてやりたいという親心(苦笑)である。もちろんURAのゴチである。面倒だから、最初の夕飯は中華にして、URAが全額負担する予定だ。2日目は、タイ料理にする予定だが、これは学生達との相談で決めたい。

本日は、午前中がショッピングツアー、午後が通院(リハビリ)で、勤務は16時から19時まで。その間、小湯山の原稿で、写真を2枚追加した。未完成の写真もあったので、スキャナーを使用して作成した。したがって、意外と時間がかかってしまった。

さあ、明日は、原稿を読み直して、発送業務に入ろう。土曜日は、姪の結婚式のため、松山行きだ。その際、道後温泉の大和屋別荘で、女将の話を少しだけ聞く予定だ。さらには、別府大学時代の教え子と会うつもりだが、彼は勤務中とかで、夜のコーヒータイムになるかもしれないな。
by ura-ta | 2006-02-23 22:24 | 生活 | Comments(0)

会議日(2006年02月22日)

本日は、会議日だった。10時過ぎに登校したが、そのままコーヒーブレイク、11時から学生面談(観光研究会の会計と相談)、そして11時30分からランチミーティング、14時から入試委員会、14時30分から雑談、15時から臨時教授会(入試関係)、15時30分から部長会、18時過ぎから団体交渉…。その間、休み無しだった。組合が終わったのは20時前で、したがって、夕食は二丁目食堂となった。

帰宅後は、風呂に入って、原稿を完成させた。某温泉協会の原稿だ。タイトルは「湯遍路旅日記-北京・小湯山温泉編」。本文16枚(1枚400字)、写真23枚。内容的には、「私の北京物語ー好朋友パート5」の一部を取り出して、大幅に書き直したものだが、今回は、写真を多く取り上げた。一応、発行は6月号らしいが、原稿は早い内に提出して楽になりたい心境だ。北京・小湯山温泉編の次は、「パプアニューギニア・ラバウル温泉編」の予定だ。ラバウル温泉については、3年ほど前、編集者に執筆を約束した訳だが、URAの一方的な口約束で、原稿提出が遅れており、慙愧に耐えない。

さあ、明日の午前中は、ショッピングツアー、午後からは通院で、仕事は16時以降となる。探せば、色々とあるのが、センセの仕事かな。
by ura-ta | 2006-02-22 22:54 | 生活 | Comments(0)

あぁー(2006年02月21日)

せっかく書きためたURA旅日記2月編(ワード原稿)がとんでしまった。3月分を作成する際に、2月分に上書き保存をしてこのざまだ。したがって、30分ほどかかって、HPを利用して復元した。幸いにも2月22日分から2月28日までの原稿が消えただけなので、不幸中の幸いかもしれない。

やっと暇になったと思ったら、貧乏暇なしだ。4月1日発行予定の『観光学入門』の初稿がやってきた。URAは「観光地理学入門」「エピローグ(観光学の展開)」を担当した。初稿の締め切りは2月27日(月)の15時。

それから、某温泉誌に投稿する原稿の準備をした。タイトルは「湯遍路旅日記ー北京・小湯山」。「湯遍路日記」は、現在「のうねん」で、不定期連載中なので、「旅」を入れてみた。
湯遍路旅日記の続編は、ラバウル温泉を計画している。はたしてどうなるかな。

3月8日発の北京行きだが、ホテルが変更となった。団体で満員らしい。代わりは、以下の通り。

代替ホテル:ノボテルピースホテル(場所は王府井)
基本旅行代金 59,000円+一人部屋追加代金 24,000円
(別途 空港税が加算)

2000円アップとなった。せっかく慣れたAVICホテルだが、致し方が無い。ノボテルピースホテルは、ひょっとして以前に宿泊したことがあるかもしれない。ホテル名の変更は多いので、行って見てのお楽しみだ。一応、4つ星らしい。

さらに、別府八湯温泉道だが、名人の数は、2月20日18時現在、以下の通りとなった。
955人。内訳は、スパポート名人733人、ケータイ名人222人。もう1000人に迫る勢いだ。2001年3月25日に始まったイベントだが、もう5周年となった。

さあ、コタツに入って校正でもしようかな。
by ura-ta | 2006-02-21 21:30 | 生活 | Comments(0)

続いて原稿完成(2006年02月20日)

本日、予定していた最後の原稿が完成した。タイトルは「別府温泉の観光地域づくり-地域住民の活動を中心としてー」(1.2万字)。いずれは『競争時代における観光からの地域づくり戦略』(仮題)(総合観光学会編)という書物の1つの章になる予定だ。明日、もう一度、読み返して修正し、早めに先方へ送付しないと…。

これでだいぶ楽になった。この10年間、原稿ばかり抱え込んでいて、安らかな気分になれなかったが、本当に爽やかな気分となった。こんな時は、普通何をするのかな。温泉は昨日入ったし…。

これからの作業は、URAゼミの卒論のCD化だ。卒業式にゼミ生に渡すので、まだ余裕はあるが…。その他は、「旅のエチュード」の原稿書き。これはいまのところ、フィジーの予定だ。そろそろネタ探しをしないと、月末の締め切りに間に合わない。

暇になると、すぐに旅に出たがるのが、URAだ。早速、JTBに問い合わせをして、北京の旅を探してみた。

①スケジュール
往路:関空発(10:00)、北京着(12:20) NH159
復路:北京発(13:20)、関空着(16:55) NH160
②ホテル
エイビックホテル
③料金
3/8発  基本代金57,000円+お一人部屋追加代金24,000円
3/18発 基本代金94,000円+お一人部屋追加代金24,000円
*上記いずれも空港税が別途加算されます。
④食事 朝食のみ付いております。

結局、3月8日発の4泊5日にした。そうなると、3月7日にバンコクから帰るので、相当キツイスケジュールだ。こんな経験は初めてだが、何とかなると思う。熱帯のバンコクから冬の北京。あははの心境だ。
でも、3月8日発と3月18日発の料金の違いはべらぼうだ。2.7万円もの差があるなんて…。

明日は、また勤務だな。
by ura-ta | 2006-02-20 21:44 | 生活 | Comments(0)

日曜日(2006年02月19日)

久しぶりの日曜日のような感じ。11時起床の予定が10時に起きた。TVをみながら、蒲団の中にいた。11時に床を抜け出し、ブログURA旅日記を更新した。
12時からはA達センセとツアーである。まずセブンイレブンへ、日経新聞を買った。その後は、ミドリ電化へ。A達センセはインクリボンの買い物だ。続いてダイソーへ。URAは、マイクロテープレコーダと短波ラジオを入れるケースを買った。210円。
昼食は、あきんどスシローに行った。一皿は105円。大阪回転寿司がキャッチコピーだ。8皿プラス蟹みそ汁(160円)を賞味した。ネタは新鮮だと思う。めずらしく空いていたので、待たずに座れた。
さらには、はなまるマーケットへ。リサイクルショップだ。今回は、買うものなし。その内、ストッキングを買う予定だ。中国へのお土産である。

その後は、ハウジングストア、ガソリンスタンド、AOKI、ブックオフを経由して、犬鳴山温泉へ。

犬鳴山温泉では、いつも「み奈美亭」で入浴する。正規料金は800円だが、我々は内緒料金での入湯だ。HPを活用すると500円だったと思う。

専務と少しだけ話をしたが、1部屋改造したらしい。お客の要望で、踏み込みをつけたとのこと。つまり元々は会食場だったが、宿泊用の部屋にする場合は、踏み込みがないと、ダメらしい。400万円を超える設備投資とか。

夕飯は自炊だ。キツネ鍋うどん(105円)と寿司にした。うどんの中に卵と納豆を入れことにしている。特製である。これでは、自炊と言えないかも(苦笑)。
さあ、いまからTVでもみようかな。それとも別府のもう一本の論文書きかな。執筆要綱をよくみると、12000字とか。14000字分を書いたので、減らさなければならない。書き足すより、減らす方が断然楽なので、いまからコタツ入りだと思う。
by ura-ta | 2006-02-19 21:01 | 生活 | Comments(0)

原稿完成(2006年02月18日)

本日の夕方、別府の原稿が完成した。ほっ…。午前中は通院したので、午後からはラストスパートだった。一応、学会誌への投稿なので、レフリーがチェックした後、書き直しをくらうことが多い。この学会の指摘はまさに核心をついており、無いものねだりをしない点が良い。一部の学会では、無いものねだりやいちゃもんが多く、閉口することがある。これが学会だ、と言えば、それですむが、逆に言えば、それだけ閉鎖的な社会かもしれない。むしろ実業界の方が、努力した成果が数値に現れるので、結果は明白である。

2月末までにもう一本原稿があった。総合観光学会の原稿だ。一応、市販するとかで、URAは別府の街づくりについて、書く約束をしたと思う。何せ昨年の話なので、いまから下書きを探す必要がある。

ところで、関係者は分かると思うが、今夜は23時50分からサンテレビで、「夜美女」がある。若い男性向けの番組だが、脳の刺激になるので、出来るだけ見るようにしている。01時25分からは京都テレビでも再放送があるので、見逃した場合は、これを見る努力をしている。

明日は、久しぶりに、犬鳴山温泉へのツアーだ。今年で2度目かな。
by ura-ta | 2006-02-18 20:17 | 生活 | Comments(0)