回家(2007年04月30日)

無事、北京から帰宅(回家)。熊取からタクシーに乗ったので、水戸黄門に間に合った。タクシー代は740円。これからは荷物がある場合はタクシーだ。本当に楽チン…。
4月26日(木):無事、北京到着。早速、王師傳に電話。18時にホテルで会うことに…。こっちは、その間、前門の大柵欄で散髪・黒染め・足浴・全身按摩をした。トータルで100元。そこで引き返して、ホテルで待機。18時から夕飯。その前に陳小姐に彼が電話して、大柵欄まで出かけて3人で夕食。117元(1元=15円)。内訳は北京ダックは49元、羊肉は40元、ビール2本は8元、その他など。
席上、王師傳に印章を注文した。23本で、1本は35元で交渉した。彼は彼女に、現在、瑠璃廠は印章が高いとか、愚痴や不満を言っている様子。こっちの言い分は、仕事がないと思うので、仕事をあげた分、「安くしろ」と言うことだ(笑い)。
その後は、恒例のホテルのシャワー貸しをした。その間は40分。やっぱり水浸し。
4月27日(金):朝から中国旅游書店へ。観光学関係の本を買った。トータルで326元。その後、紅橋市場へ。張おばさんの店で買物。鬼面を2つ買った。2つで200元。彼女から頂いたお土産は、兵馬俑の埴輪(?)。2つももらった。うーん、重いし…。
その足で馬甸へ。足浴按摩は35元、修脚は30元。修脚は10分で終わった。夕飯は菊水亭で日本料理の食べ放題。88元と高い。
4月28日(土):午前は秀水街へ。現在は商業ビルで、ビルになって初めて訪問した。続いて、王府井へ。12時、留学生の両親と待ち合わせをして、昼食をたかった。「大連…」といういつもの店で、ここは海鮮料理に特色がある。2人とも勤務中とか。
15時から大柵欄で按摩。その後、瑠璃廠で印鑑作成。王永師傳に3本注文。浦、布山などで、1本は20元。ただし箱なし。夕飯は永和大王で18元の牛肉面セット。
4月29日(日):北京南郊の世界公園へ行こうとしたが、ダメ。車掌の話は通じないが、どうやら休みらしい。そこで、103のバスに乗車して、動物園、景山、故宮を訪問した。それぞれ、入園園料は20元、5元、60元。日曜日なのでヒトが多い。103は観光路線だと思う。途中、天意商場にも停まったので、これは使い勝手が良い。ただし利用は平日に限る…。
18時、瑠璃廠で王師傳と待ち合わせ。2人だけの夕食。いつもの民俗酒楼だ。北京ダック38元、スッポン108元などで186元。王師傳「小姐…」と独り言…。席上、アサヒ芸能をあげると、大喜び。
印章をたずねると、昨夜ホテルのベルボーイに届けたとか。こっちは、受け取っていないと告げると、今度は、ホテルへ抗議の電話となった。結局、彼がホテルまで来て、文句を言いながらベルボーイから印章を受け取り、やっとこっちに印章がきた。あとで、部屋で印章を見ると、箱なし。手抜きをした感じ。事前に「箱子、要」と言ったのに…。彼は現在無職で、9月から飛行場で、印章掘り師の仕事を再開するとか…。
4月30日(月):12時に両親の空港へのお見送りがあるので、再度中国旅游書店へ。136元の買物。12時45分、空港到着。しかし、フライトは大幅に遅れて、15時25分にテイクオフ。1時間遅れとなった。まあ、しかし、20時には帰宅。
帰宅後はメールチェック。某先生から電話があったとのこと。原稿の催促と思って、電話を入れると、座長のお願いだった。しかし、当方が不在で、他のヒトに回したとか。日本温泉地域学会は7月2日と3日開催で、蔵王温泉が会場となる。

明日は午前がリハビリ、昼の時間帯は職場があいているので、3時間だけ勤務。夕刻の便で、別府行きとなる。
[PR]
by ura-ta | 2007-04-30 22:45 | | Comments(0)


<< 鼻風邪(2007年05月02日) 明天、我想去北京(2007年0... >>